【宿泊記】【デイユース可】横浜駅近のホテルザノットヨコハマに泊まったので口コミ書いてみますよ。(旧横浜国際ホテル)

Travel
スポンサーリンク

さあ2018年もゴールデンウィークになりましたね。

私、一介のサラリーマンではありますが、ホテル暮らしが趣味でして。
まあ暮らしといってちょこっとお金がある時に寄って月1-2回はどこかしら泊まるという程度ですが。。

休みの日や、ちょっと終電を逃した時に懐があったかければホテルを予約して泊まるようにしています。
ちょびリッチってな感じです。

東京済みなのでタクシーに乗れば帰れるわけですが、タクシーに数千、1万円近く払うものならどこかしらに泊まりたい!!
じゃらんやBooking.comで当日で検索するとセールでお手ごろなホテルが見つかるものです。

高級ホテルは永遠の憧れです。。

そんな自称ホテルマイスターの私が紹介するホテル宿泊記シリーズの記念すべき第一弾として、旧横浜国際ホテルがリニューアルして誕生した『Hotel The Knot Yokohama(ホテルザノットヨコハマ)』の滞在記を書いていきますよ。

ホテルザノットヨコハマは横浜駅近の良すぎる立地にある

横浜駅ってほんと分かりづらいですよね。。
私は毎回迷います。笑

新宿駅は昔懐かしの大学への通学で利用していたので、完全に把握していますが、横浜にはなかなか慣れません。

ホテルザノットヨコハマは横浜の東口から徒歩5分ほどのところにあります。

駅出て、右のほうに進んで、橋渡ったすぐのところにあります。
一本道なのでまあ迷うことはないですね。

ホテルザノットヨコハマの隣にはローソンもあるし、3分ほど歩くとドンキホーテもあるので、買い物には困りませんね。

歩いて行くと、ホテルザノットヨコハマの代名詞でもある、外国の建物っぽい外観が見えてきます。

かなりのオシャレ感がありますね。
この街角だけアメリカに来たみたいです。

近くから見るとこんな感じです。

外からだと、ホテル併設のレストランも見えますね。
オシャレなモーニングが食べられる『PAN WOK』ですね。

私、今回は別にモーニングを食べたいお店が横浜にあったので『PAN WOK』は予約しませんでした。
またの機会に行ってみたいと思います。

いよいよロビーに入って行きます、とその前に、インスタに良さげな地面を見つけてしまいましたので共有しておきますね。笑

いよいよホテルザノットヨコハマにチェックイン!

エントランスですが、非常に綺麗です。

それこそアメリカの星付きのホテルみたいに綺麗ですね(行ったことないですが)。

エントランスのカウンターでチェックインの旨を告げ、宿泊費は前払いで決済します。

チェックインもスムーズに終わり、鍵を受け取ります。
ホテルザノットヨコハマではルームキーが鍵なので外出の際には毎回エントランスで鍵を預ける必要がありますので、注意してくださいね!

もし鍵をどこかで紛失すると、あなたの宿泊中に誰かが忍び込んでくる恐れがありますので、必ずルームキーは預けましょう。

今回のお部屋は6階にあるツインルームです。
ホテルザノットヨコハマの中で一番小さいお部屋です。

あまり予算がなかったのでこの小さなお部屋になりました。

しかし、ホテルザノットヨコハマは外観のアメリカ感もさることながら、部屋の内観もアメリカ感があってかなりオシャレらしいのでワクワクです。

ではエレベーターに乗って6階にいきましょう。

エレベーターの階数選択ボタンも可愛らしいですね。
心躍るようなの高級感がありますね。

2階と4階が気になります。

2階にはロビーラウンジがあるみたいなので、後で行ってみたいと思います。
4階の自販機も気になりますね。

毎回ホテルの自販機ってなんだかワクワクしちゃいます。
わかる人いませんか?笑

高校生の時の修学旅行の旅館にあるビールの自販機とかなんだかとてもワクワクした記憶があります。
それはちょっと違うワクワクですかね?笑

それはそうと、後で探検してみましょう。

探検の前にお部屋に入っていきますよ。

ホテルザノットヨコハマのお部屋は洗練されていて雰囲気◎

エレベーター降りたら廊下歩いて行って、部屋に行きましょう。

12㎡のお部屋なので、あまり期待していませんでしたが。。
かなり雰囲気ある!!ってのが第一印象です。

一人暮らしのお部屋さがしなら12㎡の部屋なんてはじめから検索から除外しますが、ホテルザノットヨコハマなら住みたい!!
というか、12㎡ありですね。

部屋に入ったファーストビューはこんな感じ。

壁掛けの棚に乗っかっているアメニティがいい雰囲気を醸し出しています。

ちゃんと全身写せる鏡もありますよ。

そして部屋の奥から入口を見るとこんな感じです。

ちょっとした廊下があって、微塵も狭苦しさはありません。
薄型テレビもあって、1日1000円で映画が見放題です。

映画どんなレパートリーあるか気になります。。
(後で課金しちゃおうかな。。)

お次はベッドですね。

ローブと、バスタオル、ハンドタオルはベッドの上に置いてありました。
ベッドの雰囲気もかなりいいですね。

二人だとちょっと狭いかな?ってくらいの大きさです。

ベッドに座って壁掛けのテレビで映画観賞も乙ですね。

あとはお風呂とトイレを見てみましょうか。

まあ、お部屋の大きさ相応のバスルームといったところでしょうか。

めちゃいい香りが体から漂ったボディウォッシュはちょっと欲しくなりました。

アメニティはまあまあ充実していますね。

壁にかかっているアメニティを見て行きましょう

結局朝時間がなく飲みませんでした。無念。。

マグカップと、奥にはコーヒーセットが置いてあります。

なかなか可愛らしいですね。

 

隣には化粧鏡とエアーフレッシュナー、ティッシュが置いてあります。

そして、下に下がっている袋は、ドライヤーとスリッパでした!
持って帰りたいくらい可愛い袋です。。

ホテルザノットヨコハマはコンセントが充実しすぎてる!

さあ、デジタルノマドの私としては、コンセントの数がそのままホテルの評価に繋がるといっても過言ではありません(そんなことはない)。

さて、まずはこのオシャレな机の付近には?
2個ついていました。

いい感じにmacbookを出して仕事ができますね。

そのほかにも、ベッド周りにも壁にもバスルームにもコンセントがありました。
合計13個ほどですかね?

むしろ小さな部屋なので多すぎる!!笑

デイユースもできるようなので、仕事に集中したい時に使うのもいいかもしれません。

では、部屋を出てホテルの設備を見て行きましょうかね。

4階に自販機とアイスが食べれる機械があるらしい

とのことで、やってまいりました4階に。

自販機も洗濯機もありますね。

長期滞在であったりするとかなり役に立ちますが、今回は使いません。

自販機ってやっぱりなんだかわくわくします。
アイスもあるってのが最高ですね。

近くに温泉でもあればもっと最高です。

記事書いててなんだか温泉入りたくなってきました。
横浜って温泉あるんですかね?後で調べてみます。。

それはそうと、4階に行ってみましょう。

4階に着くと、なんの変哲も無い客室がある廊下につながっています。

一見階を間違ったのかな?とも思いつつ廊下を歩いて行くと、自販機のある部屋のドアが見えてきます。

とね、驚いたのが部屋に置いてあったホテルの冊子を見るとアイスと書いてあったのでアイスクリームの自販機だと思っていたんですよ私は。

アイスクリームではなく、氷のアイスだったんですね。。

氷が自動で出てくる機械をホテルで使う人ってどんな人がいます?
あんま使ってるの見たことないです。

ちゃんと自販機もありましたよ。
ホテル内の自販機ってやたら高いイメージですが、ここの自販機は良心的な値段です。

外に出るたびに鍵を預けなければいけないので、普通の価格設定の自販機がホテル内にあるのはありがたいです。

それにお酒の自販機もありました。

今日はこれでしっぽりいきますかね。。笑

ドラム式洗濯機もあったので長期の滞在などには非常に便利ですね。

ホテルザノットヨコハマの2階には待ち合わせに最適空間が広がっている

4階に行った後に2階にいってみました。

エレベーターを降りると、待ち合わせに丁度いい空間が広がっています。

かなり広く、基本的に人もいないのでここで作業をするのも良さそうです。

奥は電気が消えてて暗かったですが、宴会場があるようですね。

椅子やテーブルなど一つ一つとってもセンスがよく、上質な空間になっています。

ホテルザノットヨコハマの口コミとしては・・?

ここまで設備であったり、景観を紹介してきましたが、若干気になったことがあります。

私の宿泊した部屋は12㎡と狭いからかわかりませんが、隣の部屋のドアの開閉音や、廊下を歩いている際に近くの部屋の中のシャワーの音が聞こえてきたり、若干遮音性に問題があるかなと感じました。

一位版小さい部屋だとドアを開けたらすぐシャワーがあるので、部屋の配置上仕方がないのかもしれませんが、正直な口コミを載せるとしたらそこが気になったことですかね。

他は申し分なく、洗練された綺麗な部屋で快適に仕事をすすめることができましたよ。

この机欲しい。

朝は横濱珈琲店五番街でモーニングをいただきます

朝は、PANWOKのモーニングではなくホテルザノットヨコハマから徒歩3分ほどのところにある純喫茶『横濱珈琲店五番街』でモーニングをいただきますよ。

PANWOKのモーニングは宿泊者だと1,600円かかりますが、オシャレランチを食べることができます。

『横濱珈琲店五番街』はステンドグラスなどがあるいい雰囲気の純喫茶で、400円のモーニングセットを食べることができます。

横浜で食べて見たかったモーニングだったので、楽しみです。

3分歩いて着くと外観はこんな感じです。

緑色でアンティークっぽい可愛い外観をしています。

さて、中に入って椅子に座ります。

さてお目当のモーニングを頼も・・・

あれ、メニューにモーニングがない!!

コーヒー1杯800円とまあまあなお値段がするお店ですが、ネットで見た400円のモーニングはないのか・・?

と若干迷いつつ、店員さんに「モーニングって頼めますか?」と聞くと、「できますよ!」とのこと。

モーニングのみのメニューであるからか、メニューに表記されていないので、若干注意が必要ですね。

と、少し待つとやってきたのが

コーヒーに、バターを塗ったこんがり焼けた食パンとナポリタンとゆで卵のセット!

これで400円とは引くほど安いです。。

朝は『横濱珈琲店五番街』でいただきました。リーズナブルで、いい空間で美味でしたね。
全席喫煙なので、タバコを吸わない方はあまり好ましく無いかもしれませんね。

ホテルザノットヨコハマの宿泊記まとめ

今回は何も考えずにGWの頭に予約してしまったのでアホみたいに高く、一番小さいダブルベッドルームの予約で15,000円でした。

まあ息抜きにもなったし、仕事も進んだのでよしとしましょう。

確実に15,000円以上の働きはしたはず!!!笑

これからもどんどんいろんなホテルに宿泊していきますよ〜。

今回宿泊したホテル:ホテルザノット横浜を見る(▶︎agoda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Travel
スポンサーリンク
gkonnをフォローする
gkonn.com: 元アプリマーケター現在フリーランスのブログです。アメックスプラチナやアプリ、旅行について発信

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。