仕事に行く前に吐き気がして辞めたいと思うなら、シンプルに辞めるべき理由

仕事辞めたい人向け
スポンサーリンク

仕事に行く前に吐き気がする…仕事のことを考えだけで怖いし、限界だから辞めたい…でも今辞めたら会社に迷惑が掛かるし、周りは我慢して頑張っているから辞められない…

といった疑問に答えます。

・仕事に行く前に吐き気がして辞めたいと思うなら、シンプルに辞めるべき理由
・吐き気がするくらい辛い仕事を辞めても人生にダメージはない
・仕事のことを考えると吐き気がして辞めたいと思った時にすべき行動

上記の流れで説明します。

 

僕自身、営業→エンジニア→マーケターというようなキャリアを歩んできました。

元々根暗なので、営業をしていた時は仕事が合わなくて、朝起きると吐き気がしていまして、常に辞めたいと思っていました。

日曜日の夜は憂鬱だし、月曜日の朝はきて欲しくないし、朝起きれなかったり、仕事に行くのが怖いと感じていました。

当時はかなり辛かったのですが、今は毎日平和です。

ストレスに押し潰されそうになっていた時に、仕事を辞めてみたら案外大きいと思っていた辞める決断による生活へのマイナスな影響は小さいもので、「辞めたい」と思っているのであれば、今となってはすぐに辞めるべきだと思っています。

 

仕事に行く前に吐き気がして辞めたいと思うなら、シンプルに辞めるべき理由

仕事に行く前に吐き気がして辞めたいと思うなら、仕事を辞めるべきです。

理由としては仕事が合っていないか、職場の人間関係が合っていないからです。

合っていない仕事をしても良いことはありません。

 

合っていない仕事をしても良いことはない

合っていない仕事をするのって、今後の人生にメリットがありません。

逆に合っている仕事をすることのメリットは山ほどあります。

・合っている仕事なら努力ができる
・無理なく続けられる
・無理なく続けられて努力ができると活躍できる機会が増える

シンプルなのですが、合っている仕事をするとやる気がでます。

それは仕事を楽しいと思えるからですね。

 

僕の場合、営業は合っていなくて人間関係も合っていなかったので、日々の業務や上司との付き合いを怖いと感じていました。

吐き気に繋がるのも当たり前です。

 

合っている仕事をすると無理なく努力でき、活躍できる

営業で電話に出ることがどもってしまい苦痛でしかなかったのですが、エンジニアやマーケティングはパソコンと向き合いつつ、細かい作業をするので電話に出る必要がありません。

日々のマーケティングの分析業務なども、イヤホンをして誰とも話すことがないので、楽でした。

仕事に向き合うことのストレスが少ないので、続けることができます。

努力ができると、知見も増えるのである程度活躍できるようになります。

活躍できて、小さくても成果が出ると楽しいですよね。

 

吐き気がするくらい辛い仕事を辞めても人生にダメージはない

吐き気がするくらい仕事を辛いと思っているなら、辞めた方が良いです。

周りの人は我慢して頑張っているし、自分だけ逃げたら会社に迷惑が掛かる…

なんて気持ちはどうでも良いです。

我慢しながら頑張っても、良い成果を出すことはできないし、今後の人生にとってもマイナスです。

 

辛い仕事を辞めることで人生にはダメージがない

辛い仕事を辞めたことで、一回逃げたから今後も逃げ続ける人生になる…

そんなことはありません。

仕事を辞めることは大きな決断のように感じますが、1回辞めてみると思ってるよりダメージが少ないことが分かります。

僕は実際辞めてもダメージはありませんでした。

なるべく嫌な仕事を嫌と言える人生にした方が、ストレスがなくなるので幸せです。

・会社を辞めたら一旦実家に戻る
・お金がもらえなくても、貯金があればokだし失業保険ももらえる
・仕事をすぐに辞めても転職にそんなに影響しない

僕は新卒で入った会社を1年と経たずに辞めましたが、特にダメージはありませんでした。

むしろ楽しい仕事を選んだら、仕事でのストレスがかなり減り、人生にとってプラスでした。

 

吐き気がするほど辛い仕事を続ける方が人生にダメージがある

今20代だとして、吐き気がするほど辛い仕事を今後も40、50年続けるって異常です。

仕事というより、拷問に近いですよね…。

人生にダメージがあるどころか、その内潰れてしまいます。

我慢して仕事を続ける→無理せずできる仕事を探す

上記のようにシフトした方が良いと思います。

 

会社を辞めても迷惑にならない

会社は、社員を労働力として働かせることで回るものです。

1人が急に辞めたとしても、問題なく動き続けます。

むしろ、1人辞めた穴で会社が動かなくなるくらいなら、ビジネスモデルに難があるので、正直言ってその会社には未来がありません。

よく上司に辞めたいというと、「おまえは絶対に後悔する」とか言ってきますが、その人はその仕事が好きでやっているわけであなたとは違います。

あなたが、「この会社にいたら今後40、50年間続けていける自信がない」と思うのであれば、その会社にいることで後悔します。

「あの時辞めておけば良かった…」となる前に行動をしましょう。

 

仕事のことを考えると吐き気がして辞めたいと思った時にすべき行動

まずは、会社を辞めましょう。

当面の生活費のための貯金があるなら転職してすぐに働き始めなくても良いと思います。

無理せずできるアルバイトをするのも良いですし、ゆっくり海外旅行に行くのもおすすめです。

僕は東南アジアで放浪しながら生活をしていますが、ベトナムなどホテルも合わせて月5万円くらいの生活費で十分暮らせます。

 

2,500円くらいの観光ビザで1ヶ月過ごせるので、ビーチで酒でも飲みながらのんびりすると心が回復してきます。

回復してきたら、好きになれる仕事を探してみましょう。

世の中いろんな仕事があるので、無理せず続けられる仕事を探してみるのがおすすめです。

 


 

以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
仕事辞めたい人向け
スポンサーリンク
gkonnをフォローする
gkonn.com: 元アプリマーケター現在フリーランスのブログです。アメックスプラチナやアプリ、旅行について発信