仕事で怒られてばかりで辞めたい時は辞めた方が良い理由【無理しないで生きる】

仕事辞めたい人向け
スポンサーリンク

仕事で怒られてばかりで辞めたいなら辞めて良いです。

僕は合わない営業の仕事でどうでも良い理由で怒られてばかりで辞めました。

結果辞めて良かったと本心で思います。理由は自分が合う仕事に就いたらある程度活躍でき、人間関係も良くなりストレスを抱えずに仕事ができるようになったからです。

僕の経験談をベースに怒られてばかりなら仕事を辞めて良い理由を解説します。

本記事の内容
・仕事で怒られてばかりで辞めたい時は辞めた方が良い理由【無理しないで生きる】
・怒られてばかりで仕事を辞めたいと思うのは逃げじゃない
・怒られてばかりの仕事を辞めても人生にダメージはない話

 

仕事で怒られてばかりで辞めたい時は辞めた方が良い理由【無理しないで生きる】

仕事で怒られてばかりで辞めたいと思った時は、辞めるのが正解な場合が多いです。

そんなにミスをしていないのに怒られてばかり…

上司に怒られるのが怖くてびくびくしながら仕事をしてしまう…

上司の顔を見るのも怖いし、自分自身も嫌になる…

仕事に対しての自信が持てないし辞めたい…

そういった場合は辞めてしまっても良いと思います。

 

理由は3つあり下記の通りです。

・仕事で怒られてばかりなのはあなたが悪いわけじゃない場合がある
・怒られてばかりなのは、その仕事に向いていないから
・職場の雰囲気や、上司と合っていない

順番に説明します。

 

仕事で怒られてばかりなのはあなたが悪いわけじゃない場合がある

自分が悪いから仕事で怒られてばかりで辞めたい…でも逃げだよね…

って思ってしまっている人は、もう一度本当に自分が悪いから怒られているのか考えてみてください。

怒られるタイミングは、上司がイライラしている時だったり仕事の繁忙期だったりします。

上司の個人的なイライラを、あなたの少しのミスを見つけてサンドバックとして使われている場合もあります。

怒られてばかりだと、上司の言い分が間違っているような気がしても中々言い返せません。

「それって間違ってませんか?」

と一言言って仕舞えば、考え直してくれる上司もいますが、体育会系の上下関係きっちりしている上司だと、「なに口答えしてんだ」とか言ってもっと怒られる場合もあります。

 

怒られてばかりなのは、あなたが悪いわけじゃない場合もあり、会社の働き方が悪かったり上司が単純にイライラしていたりと、今後も怒られ続ける未来が見えているなら辞めてしまって環境を変えてリスタートした方が良いです。

 

怒られてばかりなのは、その仕事に向いていないから

仕事には向き不向きがあり、合っていない仕事だとどんなに努力しようとしてもモチベーションが上がりませんし、上達しません。

 

僕の場合は営業の仕事がそうでした。

根暗な性格なので電話に出るのも怖いし、はじめて会う人を目の前にすると冷や汗が出ます。

通常の業務をするのにも緊張するようになると、小さいことでミスをしてしまい、怒られます。

怒られてばかりになると、どんどん自信がなくなっていき、ある日ポキっと心が折れる音がして、会社にいくのが怖くなります。

 

仕事に向いていない時は、なかなか上達しにくく、怒られることが多くなります。

それって、あなたが仕事ができないのではなく、単にその業務に向いていないからが理由です。

別の業務なら活躍できるかもしれません。

僕の場合は根暗だったので営業は向いていませんでしたが、プログラミングやマーケティングの業務はPCと会話するだけなので継続して努力することができ、上達できました。

 

今では一切人と関わらずに家やカフェに引きこもって、フリーランスができるようになりましたが、無理せず続けられる、向いている仕事をすることが大切です。

 

職場の雰囲気や、上司と合っていない

「おまえはメンタルが弱い」「慣れるまで我慢しろ」

僕はこんな風に言ってくる体育会系の人が苦手です。

しかし、体育会系で学生時代から先輩に二つ返事で「はい!!」とついていけていた人なら平気だったりします。

 

仕事の向き不向きと同様、職場の空気や上司との相性も重要です。

偏見ですが、体育会系の人は、「はい!!」とあまり考えずについてきてくれるガタイの良い後輩が好きですが、「なんで我慢しなければいけないんですか?」と言ってくる後輩は好きではありません。

 

職場の雰囲気も、「残業が当たり前」「ノルマ未達は人以下」みたいな扱いをする会社もあります。

職場の空気が合わないなら、1日8時間もその会社の居続けるのは苦痛でしかありません。

ほぼ拷問ですよね…

そういった場合は、ストレスが積み重なるだけなので辞めた方が良いです。

 

怒られてばかりで仕事を辞めたいと思うのは逃げじゃない

仕事で怒られてばかりで辞めたいと思うのは、全く逃げじゃありません。

仕事内容にも、職場の雰囲気にも相性があります。

相性合わない職場でどんなに我慢しても、ストレスが溜まっていきそのうち病気になるだけです。

仕事に行きたくないと朝泣いてしまうようになると、かなり重症です。そうなる前に逃げた方が良いです。

 

怒られてばかりで仕事を辞めるのは逃げじゃない理由

怒られてばかりの状況を改善するのは、かなり難しかったりします。

というのも、自分が悪くない、仕事内容が合わない、上司や職場の空気と合わないのってあなたがどうにかできる問題ではないからです。

そのまま我慢してもストレスが溜まっていくだけなので、環境を変える必要があります。

環境を変えることで、仕事内容が合い、優しい相性の良い上司と仕事ができる状態になったら最高ですよね。

今のストレス状態は瀕死寸前のほぼマイナスの状態なので、環境を変えることでプラスになることは確実です。

 

怒られてばかりの仕事を辞めても人生にダメージはない話

怒られてばかりという、後ろ向きな理由で仕事を辞めたら、人生にダメージがあるのでは…と思う人がいますが、ダメージありませんでした。

僕は働いていた会社を1年足らずで辞めましたが、ダメージがないどころか人生楽になりました。

 

仕事内容が合うことで無理せず働ける状態が最高な理由

合っていない営業職から、プログラミングやマーケティングへ方向転換をしましたが、無理せず働けるし冷や汗もでないので、ストレスがほぼなくなりました。

無理せず努力できる状態って無敵で、

努力する→上達する→褒められる→もっと努力する

上記のような好循環に入れます。

 

こうなるとあとは給料が上がったり、転職市場で評価されるようになったりと良いことしかありません。

前向きに仕事をしていて、好きな仕事だと怒られた時も「学び」になります。

仕事で怒られてばかりならさっさと辞めて、自分に合う仕事を探しましょう。

仕事を辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【辞める前提で探そう】
「仕事を辞めたい…次の転職先はなるべくホワイトな良い会社を探したいんだけど、どうやって探せば良いのだろう?」といった疑問に答えます。仕事を辞めたい人におすすめの転職エージェントと、転職する前に知っておくべきことについて解説しました。

以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
仕事辞めたい人向け
スポンサーリンク
gkonnをフォローする
gkonn.com: 元アプリマーケター現在フリーランスのブログです。アメックスプラチナやアプリ、旅行について発信